敗北者定期(配信者)は何者で本名や顔画像は?児童ポルノ容疑で逮捕の可能性は?

YouTuber・「kimonoちゃん」が生配信を実施し、相談内容から配信者・「敗北者定期」さんに児童ポルノ疑惑が上がっているようです。

そこで今回は、敗北者定期(配信者)さんは何者で本名や顔画像、児童ポルノ容疑で逮捕の可能性はあるのか調査しました。

目次

敗北者定期(配信者)は何者?

事の発端は?

「kimonoちゃん」がYouTube生配信を実施し、その中で、小学生女児がある配信者に要求され、ワイセツ画像を送っていたことが明らかにされました。

引用元:yutura

事の発端は、小学6年生の女児の「かのん」さんが、kimonoちゃんのYouTubeチャンネルに相談し、とんでもないことが明らかになったわけです。

そして、相談による「ある配信者」とは、ツイキャスなどで活動する19歳の配信者「敗北者定期」であると、かのんさんは話しています。

「敗北者定期」さんと「かのん」さんは、「付き合っていた的な」関係になっていたそうです。

そしてある時、「敗北者定期」さんは、かのんさんの知人がSNS上で自分の顔写真画像を加工してバカにしていたとして激怒します。

その償いにわいせつ画像を送るよう要求し、かのんさんはその通りにし、さらにビデオ通話では卑猥な行為があったという。

本名や年齢・顔画像は?

では、「敗北者定期」さんはどんな人なのでしょうか。

年齢については、19歳ということです。

職業はバーテンダーであり、ツイキャスなどで活動する配信者であることが分かっています。

かのんさんとは、音声コミュニティアプリ「KoeTomo(コエトモ)」を通じて知り合ったそうです。

しかし、本名や顔画像については特定することはできませんでした。

今後新たな情報が入りましたら、追記していきたいと思います。

敗北者定期の児童ポルノ容疑で逮捕の可能性は?

kimonoちゃんの生配信では、敗北者定期さんも配信に登場しており、kimonoちゃん・敗北者定期さん・かのんさんの3者が会話をしています。

その中で「敗北者定期」さんは、脅迫して写真を送ってもらったのではなく、知り合った直後に卑猥な写真を送ってもらい、その後かのんさんと交際するようになったそうですが、やがて面倒に感じるようになったという。

そして、碑文の写真画像が勝手に使われていたことを知って、関係を断つために法律用語を使ってかのんさんを脅したと話しています。

かのんさんの説明とは食い違うものの、卑猥な写真画像を送らせたり、ビデオ通話をしたのは事実と認めています。

kimonoちゃんは「これ捕まるよ」「自首しよう」という言葉も聞かれました。

ちなみに、2021年のワタナベマホト氏の場合は、罰金50万円の略式命令を受けていました。

関連記事はコチラ

敗北者定期は何者まとめ

今回は、敗北者定期(配信者)さんは何者で本名や顔画像、児童ポルノ容疑で逮捕の可能性はあるのか調査しました。

敗北者定期さんの年齢は19歳で、バーテンダーとして働き、ツイキャスなどで活動する配信者です。

小学6年生のかのんさんとは、音声コミュニティアプリ「KoeTomo(コエトモ)」を通じて知り合い、付き合っていたようです。

しかし、未成年相手にいかがわしい画像を送らせたり、ビデオ通話をしたことは認めているようです。

今後の動向が注視されるところです。

目次