溝口勇児の経歴や学歴・プロフィールは?高校時代からトレーナーで年収はいくら?

起業家の溝口勇児氏は複数の会社を経営し、ブレイキングダウンを手掛けたことでも有名ですが、プライベートも気になりますね。

そこで今回は、溝口勇児氏の経歴や学歴・プロフィール、そして、高校時代からトレーナーで現在の年収はいくらなのか調査しました。

目次

溝口勇児のプロフィール

名前:溝口勇児(みぞぐち ゆうじ)

生年月日:1984年11月23日

年齢:38歳

出身地:東京都

職業:起業家・投資家

肩書:FiNC創業者&ex-CEO・BreakingDown COO・その他CEO

溝口勇児氏は、東京都生まれの起業家で、年齢は38歳です。

溝口氏は、ヘルスケア&フィットネスアプリを運営するFiNCの創業者でありCEOです。

また、BACKSTAGE社のCEOでもあります。

そして、格闘家の朝倉未来氏や朝倉海氏等と共に、ブレイキングダウンをはじめ、様々なイベントや事業を手掛けています。

溝口勇児の学歴(高校・大学)と経歴

高校時代にトレーナー活動

溝口勇児氏の出身高校については公表されておらず不明ですが、高校時代は体育教師を目指していたようです。

しかし溝口氏は、貧しい家庭に生まれ育つなど、複雑な家庭環境であったため、進学する余裕がなかったことから大学には行っていないようです。

溝口氏は、高校在学中からスポーツクラブのトレーナーとして活動し、プロ野球選手やプロバスケットボール選手、芸能人など、延べ数百人のカラダ作りを担ってきました。

その後、ヘルスケア&フィットネスアプリを運営するFiNCを創業するなど、起業家としての才能を開花させ、ベンチャー企業の創業なども行っています。

また、活動家としては、北島康介、香川真司らと共に開発途上国への支援を行う組織の立ち上げや、新型コロナウイルス発生時には、医療機関への支援のためのプロジェクトを立ち上げなどで、クラウドファンディングの資金調達に奔走しています。

危機にあった医療機関に対し、200万枚のマスクの配布などを行っています。

その後、BACKSTAGE社を創業し、格闘家の朝倉未来氏や朝倉海氏等と共に、ブレイキングダウンをはじめ、様々なイベントや事業を手がけています。

起業決意の理由

溝口氏は、東日本大震災の時に募金活動を行いますが、集まった金額は300万円であったという。

そんな矢先に、孫正義氏が100億円の寄付をしたというニュースを耳にし、人としての器の差を定量で突きつけられた気がしたこと、そして、店舗閉鎖の思い出も蘇ったことから、起業を決意したそうです。

主な受賞歴

  • 日経ビジネス「若手社長が選ぶベスト社長」に選出される
  • WIRED INNOVATION AWARD 2018 イノヴェイター20人
  • AppStore& Googleplay ヘルスケア部門 1位
  • Googleplay ベストオブ2018自己改善部門 大賞受賞

溝口勇児の現在の年収や資産はいくら?

溝口勇児氏の年収や資産額については、公表されていないことから正確な数字は不明です。

年収については最低2000万円はあるという情報もありますが、根拠がなく確固たる数字ではありません。

溝口氏は、起業家・投資家として多くの運営グループを持ち、CEOなどの要職にもあることから、年収でも数千万円、あるいは億単位の収入があると推測されます。

溝口氏の資産に関しては、有価証券の残高が10億円を超えているようです。

関連記事はコチラ

溝口勇児の経歴まとめ

今回は、溝口勇児氏の経歴や学歴・プロフィール、そして、高校時代からトレーナーで現在の年収はいくらなのか調査しました。

溝口勇児氏は、東京都生まれの起業家で年齢は38歳。

高校在学中からスポーツクラブのトレーナーとして活動し、フィットネスジムの経営を経て、健康管理アプリを手掛けるFiNC社を創業します。

現在は複数の会社を経営し、格闘技イベントとして人気の「ブレイキングダウン」の運営も行っています。

目次